大型のiPhone X Plus(仮)解像度は1242 x 2688?金色のカラバリやデュアルSIMも検討中とのうわさ

昨年末からたびたび噂になっている大型版のiPhone X、いわゆるiPhone X Plus(仮)につき、また新たな噂が報道されました。 開発事情に詳しい人物によると、画面サイズが6.5インチに近いiPhone X Plus(仮)プロトタイプは「D33」というコード名で呼ばれ、解像度は1242 x 2688とのこと。 また、iPhone Xの後継機とiPhone X Plus(仮)の両方に金色のカラーバリエーションを、iPhone X PlusについてはデュアルSIM仕様が検討中とのこと。どちらに関してもアップルは最終的な決定は下していないとされています。 こうした報道に対して、アップルの広報担当はコメントを拒否。真偽いずれかは確定していません。