地球のすべての海を網羅した海底地形図を製作するプロジェクトが発足

あるAnonymous Coward曰く、

地球の海底地形を100%解明することを目指す新たなプロジェクトがスタートした(NHK産経新聞朝日新聞)。

このプロジェクトはユネスコ(国連教育科学文化機関)や国際水路機関などで作る国際組織(GEBCO)と日本財団が共同で立ち上げたもので、世界中の海底地形図を2030年までに完成させるという。

海底地形図は災害予測や地球温暖化予測、資源開発などに必要とされているが、高い精度の地形図が作られているのは地球の海全体の15%程度。残りは人工衛星の観測データで補っている状況だそうだ。日本財団は10年間で20億円を拠出し、成果は無料で公開するという。

すべて読む | サイエンスセクション | 地球 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
文豪由来の海底地形名など、国際会議によって承認される 2018年02月08日
昨年深海で起きていた「過去100年間で最大規模の噴火」 2018年01月24日
南極の氷の下に新たに91の「火山の可能性がある地形」が見つかる 2017年08月18日
海洋研究開発機構などが自律探査ロボットでの海底探査プロジェクトにチャレンジ 2017年02月23日