北朝鮮のサイバー攻撃部隊、ターゲットを拡大中

あるAnonymous Coward曰く、

北朝鮮のサイバー攻撃部隊「APT37」(Reaper、「死に神」)が、世界的な脅威となっているという(ブルームバーグ)。

セキュリティ企業FireEyeによると同組織は対象を拡大しつつあり、さらに利用するツールセットも洗練されたものになっているという。

同組織のターゲットは主として韓国ではあるが、日本やベトナム、中東などのさまざまな分野を狙うようになっており、ソーシャルエンジニアリングやさまざまな脆弱性、ボット、マルウェアなどを活用して攻撃を行っているという。

その存在はApt37所属開発者が誤って漏らした北朝鮮のIPアドレスから明らかになったとされるが、どの程度の規模の組織なのかは不明だとしている。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
昨年6月のサイバー攻撃はロシアの犯行だと英米が発表 2018年02月19日
仮想通貨「Monero」をマイニングして北朝鮮の大学のアドレスに送金するソフトが発見される 2018年02月17日
サイバー攻撃の標的となる平昌五輪 2018年02月14日
コインチェックからの仮想通貨流失事件、北朝鮮の犯行か? 2018年02月08日