ツイッタージャパンには「詫び老人」が存在する?

あるAnonymous Coward 曰く、

虚偽通報で「艦これ」の公式アカウントが凍結されたことで話題だったTwitterだが、それよりも少し前から通称「詫び老人」なる社員の存在が確認されつつある(Togetterのまとめ)。

不当な凍結に対してTwitter Japan社に直接異議を申し立てに出向くと、優し気な高齢の社員が応対に出てきて、社内の応接や会議室ではなく、ロビーという公の場で過剰な謝罪をされるというもの。

土下座したり、片膝をつくスタイルで謝罪され、椅子に座るようお願いしても「こうする決まり」と言って椅子に座ることを拒否するという。

ロビーで土下座することによって異議申し立てに来た人に罪悪感や羞恥心を感じさせて追い返す作戦なのかとも思われるが、「詫び老人」は普段Twitterを使ってもいない雇われて間もない高齢社員のようだ。

もちろん何の権限も持っているわけでもないため、正式な書類を手渡しても不当な凍結解除に至ることはないようだ。

すべて読む | ITセクション | Twitter | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
艦これ運営のTwitterアカウントが凍結される、第三者からの虚偽のDMCA申請が原因 2018年02月22日
KADOKAWA刊のライトノベル、表紙画像から「成人向けの性的な商品」だとして広告を拒否される 2018年02月16日
Twitterは「shadow ban」によって政治的検閲を行っている? 2018年01月30日