NTTドコモとau、ソフトバンクがMMSに一斉対応させるとの報道

日経クロステックが「[特報]NTTドコモとau、ソフトバンクが打倒LINEで結託」と報じている(マイナビニュース)。

MMS(マルチメディアメッセージングサービス)は標準化された携帯電話向けメッセージングサービスで、電話番号やメールアドレスを指定しての送信が可能。

海外の携帯電話事業者ではMMSを広く提供しているが、NTTドコモはサポートせず、KDDIやソフトバンクはサポートしているものの一部制約があった。今回のMMSサポートはLINEなどのメッセージングアプリへの対抗という目的があるようだ。

すべて読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯通信 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
AppleのOSにStagefrightのような脆弱性 2016年07月24日
Apple、「iMessageの登録解除」ページを公開 2014年11月11日
auのキャリアメール、Webブラウザ経由でPCから送受信可能に 2014年06月23日
iPhoneから他社の携帯電話に乗り換えた場合のSMS/MMS受信問題、元iPhoneユーザーがAppleを提訴 2014年05月18日
携帯電話事業者各社、SMS の事業者間接続の実現に向けて合意 2009年09月04日