DMM、アダルト事業を分社化

DMMが成人向けコンテンツ販売事業を3月1日付けで分社化する(TechCrunchITmediaプレスリリース)。

2017年12月26日に設立された新会社デジタルコマースに成人向け事業を承継する形。その後、成人向け事業についてはブランドを刷新するようだ。既存の利用者に対しては承継後も購入したコンテンツは継続して利用可能で、また請求についてもDMM名義で行われることがアナウンスされている。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
現金を借りられるスマホアプリ「CASH」運営者、DMM.comに70億で買収される 2017年11月21日
DMM、神社擬人化ゲーム「社にほへと」開発を中止に 2017年09月15日
DMMやGMOが仮想通貨採掘事業に参入 2017年09月11日