JAL、2017年度第2四半期は国際線の高単価需要、国内線の旅客増に支えられ増収増益 11月16日の旅客サービスシステム刷新に植木社長「ワクワク感が大きい」