GMOインターネット、「サイトM&A」の登録情報を漏洩

GMOインターネットが運営しているサービス「サイトM&A」で顧客情報流出が発覚した。10月30日付けで同社からの発表が公開されている。

サイトM&AはWebサイト売買を仲介するサービス。流出したのは同サービスの会員情報14612件で、10月26日から流出した会員への通知を行っていたが、対応が進行中とのことで公表を控えていたという。

日経ITproによると、流出したのは氏名・ユーザー名・法人名・住所・生年月日・電話番号・メールアドレス・登録案件・問い合わせ内容・クイック査定内容とのこと。Webサイトで顧客情報が閲覧可能な状態になっているとの通報があり発覚したという。発覚後も、漏洩した個人情報は閲覧可能な状態が続いているようだ。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | 情報漏洩 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Apache Struts 2の脆弱性により、都税支払いサイト等から約72万件のクレジットカード番号が流出か 2017年03月11日
GMOインターネット、誤って2万件以上の不採用通知を一斉送信 2015年03月01日
お名前.com、他人の名字・ドメイン名・会員IDをメルマガで誤配信 2014年12月05日