2021年からの「燃料デブリ」取り出し 事実上の断念

2021年からの「燃料デブリ」取り出し 事実上の断念

2021年からの「燃料デブリ」取り出し 事実上の断念

東京電力は、福島第一原発で溶け落ちた核燃料、いわゆる燃料デブリについて、2021年から取り出し開始を目指すとしていましたが、事実上、断念しました。 原子力規制委員会の会合のなかで、東京電力は、燃料デブリの取り出しについて、新たに格納容器に穴を開けたりはせず、小型ロボットを投入し小石や砂状の燃料デブリを採取することを明らかにしました。 東京電力:「まず、サンプリングと変わらないじゃないか、ということ...

はてなブックマーク - 2021年からの「燃料デブリ」取り出し 事実上の断念 はてなブックマークに追加