血液中の「E2D」と呼ばれる成分は捕食者を誘引し非捕食者を嫌悪させる

哺乳動物の血液は金属のような臭いがするが、この金属臭の原因とされる「E2D」と呼ばれる成分によってオオカミなどの捕食動物が引きつけられ、逆に一部の動物はこの臭いを怖がるという研究結果が発表された(AFP)。

実験では、オオカミがE2Dを塗った木片を舐めたり噛む、守るといった行動を行ったことや、家畜の血を吸うサシバエがE2Dに引き寄せられることを確認するとともに、ネズミや人間はE2Dに対し嫌悪感を示すことも確認できたという。

さらに、動物や人間は非常に少ない濃度のE2Dでも検知できることも分かったという。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
体臭を判定する犬型ロボット 2017年09月11日
南米で未知の人類が発見される 2015年04月01日
「泣かれると萎える」が実証される 2011年01月11日
遺伝子プロファイルを利用した出会い系サービス 2007年12月19日