社会人の多くは「定時帰り」に肯定的、しかし残業代や「なんとなく心配」で残業する人も一定数存在

insiderman 曰く、

BIGLOBEモバイルによる調査によると、社会人の60%が「早く帰れるならどんどん帰った方がいい」、28.9%が「うらやましい」などと「定時帰り」を肯定的に考えているそうだ。ただ、20代の9.2%が残業をしない人について「イライラする」と答えていたり、また20代の40%が遅くまで残業している人について「頑張っていると思う」と答えるなど、世代による感覚の違いもあるようだ。

特に「遅くまで残業している人についてどのように感じますか」という設問についての世代差は興味深く、「仕事が遅い人だと思う」が30~50代ではそれぞれ35%ほどだったのに対し、20代では25%と差が開いた。また、「頑張っていると思う」と答えたのは20代が40%、それ以外がおよそ25%前後、「残業代を稼ぎたい人だと思う」は20代および30代、50代が25%ほどだったのに対し40代は33%前後と、これらも世代間の違いが出ている。

すべて読む | ビジネス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
プログラマは裁量労働制の対象外、SEも場合によっては対象外に 2017年08月22日
「働き方改革」で減る所定外給与は最大8.5兆円という試算 2017年08月22日
トヨタが裁量労働制を拡大、事務職や技術職の係長クラスも対象に 2017年08月03日
新国立競技場の建設に携わっていた23歳男性が自殺、厳しい工期のために現場は過酷な状況 2017年07月25日