厚労省、「ビフォア・アフター」型広告を禁止へ

厚生労働省が10月25日に開催した医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会では、インターネットにおける医療関連情報や関連広告についてや「客観的事実が証明できない事項」についての規制について検討が行われているが、ここで術前・術後の患者の状態を写真等で比較する、いわゆる「ビフォー・アフター」を原則禁止するという形でまとまったという(毎日新聞)。

こういった広告については、外科手術や歯科領域などにおいては患者が施術後の状態をイメージしやすいという理由から一定の範囲内で認めるべきという意見も出たようだが、「誰もが同じ効果が得られると患者が勘違いして飛びつく恐れがある」との判断から省令で禁止する方針にしたとのこと。

すべて読む | 日本 | 医療 | 政府 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
DeNAの健康・医療情報キュレーションサイト「WELQ」、批判を受けて運営見直し 2016年11月28日
血中のアルコールを分解する飲料 Outox、フランスで物議をかもす 2010年06月19日
「ベンフォチアミン」のサプリメントには宣伝ほどの効果はない 2008年06月12日
健康食品広告の嘘の見破りかた 2004年10月25日