ヤマト運輸が配送車両3万6000台をIoT化、ドライバーの負荷を軽減(ニュース)

 ヤマト運輸は2017年10月31日、全集配車両約3万6000台に新型車載端末を搭載すると発表した。IoT(インターネット・オブ・シングズ)技術の活用によって事故を未然に防ぎ、業務効率の向上を図る。