ヤマダ電機がFOMMに出資、2020年までにEV販売へ

maia曰く、

ヤマダ電機がEVベンチャーFOMMに出資し、2020年までに低価格のEVを発売する(日経新聞Response)。

FOMMはインホイールモーターの4人乗り小型EVを開発し(日記参照)、タイに工場を建設して2018年から生産開始する計画を進めている(NNA ASIA)。ヤマダ電機との計画では、日本の軽自動車規格に合わせ価格は100万円以下とし、生産は船井電機に委託する。

すべて読む | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
日産、フォーミュラEに参戦 2017年10月26日
ダイソン、電気自動車に参入 2017年09月28日
中国、世界最大規模の電気自動車向け充電ステーションを整備 2017年09月13日
日産、電気自動車「リーフ」の新モデルを発表 2017年09月07日