「非接触決済の90%はApple Pay」担当役員が明かす最新事情:モバイル決済最前線

驚きをもって迎えられた2014年9月のApple Payの突然のデビューから、1ヶ月ほど経過した10月20日。iOS 8.1の配信開始とともに同サービスが米国でスタートした。 当時、モバイル端末に決済機能を組み込む「モバイルウォレット」のプロジェクトがことごとく頓挫していた時期でもあり、iPhoneで快進撃を続けるAppleの同分野への参入は、期待と同時に「Appleでも成功するかどうか......」という不安もあり、金融やモバイル業界関係者だけでなく、その多くが成り行きに注目していた。 ▲2017年内にApple Payの提供国は20にまで拡大 結果、Apple Payの現状は多くが知るとおりで、当初は米国1ヶ国のみでのローンチだったサービスが、現在では20ヶ国(2017年内の予定)まで提供対象を増やし、日本のローンチに至ってはほぼ国内専用規格となっている「FeliCa」技術にもハードウェアレベルで対応するなど、地域に根ざした展開を進めている。