「台風休暇」は必要か

ダイヤモンド・オンラインにて、「「台風休暇」導入を日本経済のためにも真剣に検討すべきだ」という提言がされている。米国ではハリケーンの上陸前に企業が自主的に従業員へ休暇を与えていたことを例に挙げ、日本でも大型の台風の接近時には会社が自宅作業を行えるようにすべきだというものだ。

また、記事では太平洋戦争中、東京が大空襲に遭った直後でも定時に出勤していたという例を挙げ、「狂っている」とし、こういった空気を根絶するためにも台風休暇を導入すべきとしている。

すべて読む | 日本 | ビジネス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
有給をとりにくい理由、最も多いのは「職場の雰囲気」 2017年08月02日
米国労働者の半分以上は休暇を取っていない 2017年06月03日
マイナビ、「『社会人としてありえない』有休取得の理由」などと題した記事を削除 2017年02月01日
ユニ・チャーム、自宅で飼育していたペットの死亡時に休暇1日が取得できる制度を導入 2017年01月07日
勤務時間外の連絡に対する被雇用者の「切断する権利」を規定した改正労働法、フランスで施行 2017年01月06日