Unityデスクトップの存続に向けて開発者やメンテナ募集が行われる

10月にリリースされたUbuntu 17.10では事前に発表されていたようにデフォルトのデスクトップ環境が「Unity」からGNOMEに変更された。Ubuntu 17.10でもUnityは利用でき、しばらくはパッケージが提供されるものの、今後長期にわたってサポートが継続されるかどうかは不透明な状況となっている。そこで、Unityのメンテナンスや開発を継続させようとする動きが出ているようだ(kledgeb)。

現在、UbuntuのCommunity HubページForumでUnity 7の開発者・支援者の募集が行われている。将来的には、Ubuntuをベースにデフォルトアプリケーションや設定を変更した状態で提供されているFlavoursの1つとしてUnity版Ubuntuを提供することを目指している模様。

すべて読む | Linuxセクション | Ubuntu | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Ubuntu 17.10ではウィンドウコントロールが右端に移動 2017年08月06日
Canonical、Ubuntu 18.04 LTSの標準搭載デスクトップアプリに関する意見を募集 2017年07月23日
Ubuntu Phoneプロジェクトの開発担当者、失敗の理由を語る 2017年06月29日
Ubuntu 18.04ではデスクトップ環境がUnityからGNOMEに戻る 2017年04月09日
Canonical、KDEへの資金提供を行うことを発表 2016年09月22日