Seagate、熱アシスト磁気記録方式のHDDで2023年までに容量40TB超を実現へ

先日、WD、マイクロ波アシスト磁気記録方式のHDDのデモを発表。2025年までに容量40TB超を実現へという話があったが、Seagateはこれに対抗したのか、2023年までに容量40TBのHDDを実現するという目標を明らかにした(PC Watch)。

SeagateはWestern Digital(WD)が採用するマイクロ波アシスト磁気記録方式(MAMR)ではなく、熱アシスト磁気記録(HAMR)を採用することで高容量化を目指すようだ。すでにHAMR採用HDDをテスト用に出荷しており、2019年には容量20TBを超えるHDDを量産するという。

すべて読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ストレージ | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
WD、マイクロ波アシスト磁気記録方式のHDDのデモを発表。2025年までに容量40TB超を実現へ 2017年10月18日
Seagateが容量60TBの3.5インチSSDを発表 2016年08月12日
8TBのハードディスクの信頼性は十分という話 2016年08月04日
HGST曰く、「データセンターでデータセンター向けHDDを使用しないと故障率が高くなる」 2015年05月11日