若者をCOBOLエンジニアとして育てることの是非

あるAnonymous Coward 曰く、

日経Itproにて、「新卒社員にCOBOLを習得させて現場に投入していいのか」という問題提起がされている。

さまざまな言語、アーキテクチャ、開発手法が広がるなか、目先の売り上げほしさに新入社員にCOBOLを学ばせて現場に投入することはよくないのではないか、という内容だ。

といっても今の若者が引退するくらいまではCOBOLのシステムは生き残っているだろうからまっとうなCOBOLエンジニアになれればそれはそれで一生食えるような気もする。

すべて読む | デベロッパーセクション | プログラミング | デベロッパー | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
COBOLを開発した故グレース・ホッパー准将にアメリカ合衆国大統領自由勲章が授与される 2016年11月26日
米政府機関、古いITシステムの運用と維持に予算の75%を費やす。8インチフロッピーディスクは来年退役の計画 2016年05月29日
損保ジャパン、COBOLで組まれたシステムの移行を決断 2015年10月16日
金融系ではなぜCOBOLが使われるのか 2014年12月25日
古いプログラミング言語が滅びない理由は? 2014年09月23日