東大電子情報工学科の実験課題としてFirefoxへのコミットが行われる

東京大学工学部電子情報工学科の実験の授業では、オープンソースソフトウェアのソースコードを分析したりコードへの変更を行う「大規模ソフトウェアを手探る」というテーマがあるそうだ。この授業でFirefoxのJavaScriptエンジンであるSpiderMonkeyをテーマに選び、実際にパッチを作成してプロジェクトに送りソースツリーに取り込んでもらう、という流れを行った学生がその詳細をブログで実験レポート代わりに公開している(siquare weblog)。

詳しくはこのブログを見て欲しいが、実験の内容はECMAScriptで提案されている「Pipeline Operator」をSpiderMonkeyに実装する、というもの。授業のTAにSpiderMonkeyのコミッターがいたことや、提案されているものにすでに仕様が付いていたことからこのテーマを選んだとのこと。また、作成したパッチは無事SpiderMonkeyのソースコードにマージされている。

すべて読む | ITセクション | Mozilla | 教育 | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
スラッシュドットに聞け:海外で就職するにはどうすれば良い? 2014年08月15日
Google Summer of Code 2013、学生募集開始 2013年04月25日
誰もが気軽にソフトウェアのローカライズに参加できるシステム「Honny」 2011年01月24日
小学生の90%が「Linuxは簡単」 2006年05月12日