時速100キロの特急が急停車 ワイパーとブレーキ間違う : 京都新聞

時速100キロの特急が急停車 ワイパーとブレーキ間違う : 京都新聞

JR四国は、29日午後6時半ごろ、予讃線の高松発高知行き特急「しまんと7号」(2両編成)が高松市内を時速約100キロで走行中、運転士(57)がワイパーを動かす際に誤って予備ブレーキをかけ、列車が急停車するトラブルがあったと30日発表した。乗客10人にけがはなかった。  JR四国によると、ワイパーのスイッチの隣にブレーキのスイッチがあり、運転士が誤ってブレーキのスイッチを押した。運転士が「ワイパーを...

はてなブックマーク - 時速100キロの特急が急停車 ワイパーとブレーキ間違う : 京都新聞 はてなブックマークに追加