メダカやコイの放流、生態系を破壊 交雑・感染症など拡大  :日本経済新聞

メダカやコイの放流、生態系を破壊 交雑・感染症など拡大  :日本経済新聞

飼育用に人工改良されたメダカや金魚、コイなどの放流は生態系に悪影響が及ぶことが最近の研究でわかってきた。生息環境が変わったり感染症を広めたりするなどして、在来種が絶滅するおそれがある。専門家は「第3の外来魚」と名づけ、放流の禁止を呼びかけ始めた。ゲノム編集など技術の進歩もあり、危険性はさらに高まるとの指摘もある。  大阪府南部、泉佐野市の景勝地として知られる犬鳴山温泉。8月中旬、金魚を川へ放流する...

はてなブックマーク - メダカやコイの放流、生態系を破壊 交雑・感染症など拡大  :日本経済新聞 はてなブックマークに追加