パンプキンパイにパンプキンが入っていない理由

北米で「pumpkin」といえば、ハロウィンのランタンに使うようなオレンジ色の果皮のカボチャを指すのが一般的だが、パンプキンパイなどに使う缶入りのパンプキンピューレは「100% Pumpkin」と書いてあっても果皮が緑色のセイヨウカボチャなどが使われていることが多いそうだ(Consumeristの記事)。

カボチャ属(squash: Cucurbita)にはズッキーニのように未熟な果実を食用にするものもあるが、熟した果実を食用にするものがいわゆるカボチャだ。このうち、pumpkinと呼ばれる品種は主にペポカボチャ種(C. pepo — 例: Connecticut Field Pumpkin)に含まれ、セイヨウカボチャ種(C. maxima — 例: Big Max Pumpkin)やニホンカボチャ種(C. moschata — 例: Long Island Cheese Pumpkin)にも含まれる。pumpkin以外のカボチャはsquashとして区別されるが、果肉はpumpkinと同様に黄色~オレンジ色で甘いカボチャ味だ。なお、果皮がオレンジ色ではないJarrahdale Pumpkinや果皮がオレンジ色のButtenut Orange Squashもある。現在日本で一般的なセイヨウカボチャ(栗かぼちゃ)は「Kabocha Squash」だが、「Japanese Pumpkin」とも呼ばれる。

さて、「100% Pumpkin」の缶詰にsquashが使われる理由だが、米食品医薬品局(FDA)は1938年以来、squashのみを使った製品やsquashとpumpkinを混ぜた製品に「pumpkin」「canned pumpkin」などと表示することについて規制を行わないと缶詰製造業者に伝えているのだという。本来は不当表示になるのだが、缶詰を使いやすくするためにpumpkinとsquashを混ぜることはしばしば行われており、消費者を欺いているといった証拠がない限り方針を変更するつもりはないとのことだ。

すべて読む | idleセクション | idle | アメリカ合衆国 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
バーガーキングロシア、スティーブン・キング原作の映画「IT」はマクドナルドの宣伝と主張 2017年10月01日
米成人の7%、チョコレートミルクは茶色い牛から採れると回答 2017年06月18日
Subway、同社のチキンに50%しかチキンが含まれないと報じたカナダ・CBCを提訴 2017年03月19日
オバマ大統領、演説でスマートフォンの発火問題に触れて笑いを取る 2016年10月23日
北米や英国で「ピエロに追いかけられる」事件が頻発 2016年10月20日
パッケージやメニューの写真とのギャップが大きくてガッカリした食べ物は? 2016年05月28日
粉チーズの原料は?... 木? 2016年02月21日
米FDA、卵を含まないマヨネーズ風製品の名称に「Mayo」という単語の使用を認める 2015年12月20日
ネスレ日本が「ソリュブルコーヒー」という名称を使うため業界団体から脱退 2014年07月25日
消費者庁が食材偽装問題に関するガイドラインを決定、ロブスター→イセエビはNG、ニジマス→サケ弁はOK 2014年03月29日
そのハンバーグには何が入っている? 2013年01月23日
「パンプキン・パイの香り」は新たな性欲増強剤 ? 2010年11月25日
ファストフードは何からできている? 2008年11月18日