AppleはiPhone Xの発売日に行列してほしい?

iPhone Xが発売される11月3日、Appleはストア前に長蛇の列ができることを期待しているのではないかとSoftpediaが指摘している。

iPhone Xは従来モデルよりも複雑さが増しており、生産の遅れが報じられている。Appleの製品計画について最も正確な予想をするアナリストともいわれるKGI Securitiesの郭明錤氏によれば、発売日にAppleが用意できるiPhone Xの台数は200万台~300万台にとどまるという。

2014年に発売されたiPhone 6/6 Plusは予約開始から24時間で400万台が予約され、発売後3日間で1,000万台以上が販売された。2015年のiPhone 6s/6s Plusは発売後3日間で1,300万台が販売されている。昨年のiPhone 7/7 Plusの数字は発表されていないが、少なくともiPhone 6s/6s Plusと同程度とみられる。

今年はiPhone 8/8 Plusが9月22日に発売されているとはいえ、郭氏の予想通りであれば供給量不足は確実だ。iPhone Xの予約受付は日本時間10月27日16時1分に開始されたが、11月3日出荷分は数分で終了したようだ。27日19時頃には既に5~6週間後の出荷となっていた。そのため、今から予約しても実際に入手できるのは12月ということになる。しかし、Appleはニュースリリースで、発売日(店舗所在地の現地時刻11月3日8時から発売)に早めに来店すれば、ほとんどの店舗で予約注文なしの購入も可能だと述べている。

そのため、予約注文なしでの購入も可能にすることで、前夜から並ぶ人が出ることをAppleが期待しているとSoftpediaは主張する。実際にAppleが行列を呼び掛けることなどありえないが、iPhone 8/8 Plusの発売日には開店前に集まる人もまばらだったことから、昨年までのような長蛇の列を作って宣伝にしたいのは間違いないとのことだ。

すべて読む | idleセクション | ビジネス | idle | iPhone | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
iPhone 8 Plusのバッテリーが膨れて筐体が開く「Splitgate」 2017年10月09日
iPhone 8 Plus、カメラ性能評価サイトDxOMark Mobileで旧テストを含めて歴代最高スコアをマーク 2017年09月27日
iPhone 8/8 Plus分解リポート、ガラス製バックパネルの修理は非常に困難との評価 2017年09月26日
新iPhoneではauの3G回線が利用不可能に 2017年09月22日
iPhone Xの「切り欠き部分」の正式名称は「センサーハウジング」 2017年09月21日
Qualcomm、iPhone Xに搭載された新技術はAndroidの方が先に搭載していることをアピール 2017年09月15日
Apple、新型iPhoneを含む新製品を発表 2017年09月13日
オーストラリア・シドニーのApple Store、新型iPhoneの発売を待つ行列にロボットが並ぶ 2015年09月26日