韓国内の厳しい論調影響か 「帝国の慰安婦」二審で有罪:朝日新聞デジタル

韓国内の厳しい論調影響か 「帝国の慰安婦」二審で有罪:朝日新聞デジタル

著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとされた韓国の朴裕河(パクユハ)・世宗大教授に対する控訴審で、ソウル高裁は27日、無罪を言い渡した今年1月の一審判決を破棄し、罰金1千万ウォン(約100万円)の有罪判決を言い渡した。韓国では5月の政権交代以降、慰安婦問題で日本に厳しい論調が相次いでおり、司法も影響を受けた格好になった。 高裁判決は朴教授が「日本によって性的虐待を受けた慰安婦に対し、虚偽...

はてなブックマーク - 韓国内の厳しい論調影響か 「帝国の慰安婦」二審で有罪:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加