選挙CMでエミネム風のBGMを使用したニュージーランド国民党はエミネムの著作権を侵害したとの判決

ニュージーランドの高等裁判所は25日、ニュージーランド国民党が2014年の選挙キャンペーンCMで「エミネム風」のBGMを使い、エミネムの著作権を侵害したとの判断を示した(判決文: PDFNZ Heraldの記事TorrentFreakの記事Newshubの記事)。

BGMに使われたのは「Eminem Esque」というプロダクションミュージック作品で、エミネムの「Lose Yourself」のバックグラウンドトラックに似ている。2014年に国民党からCMの製作を依頼された広告代理店は、当初Lose Yourselfの一部を使用したパイロット版のCMを作成。ステディーでシンコペーションしたビートとリズムが力を合わせてボートを漕ぐ映像にマッチしていたという。広告代理店はそのほかの選択肢を検討するため、ニュージーランドの音楽プロダクションに調査を依頼したところ、クラシック曲1曲とEminem Esqueが提示されたそうだ。

この2曲を使用したパイロット版を作成してフォーカスグループに見せた結果、現代的なEminem Esqueの方がクラシック曲よりも好ましいという結果が出る。完成したCMを見た選挙スタッフなどからエミネムに似ているとの指摘が出るが、ニュージーランドやオーストラリアの仲介業者および著作権管理会社から著作権上の問題はないとの回答を得て使用契約を結んだ。しかし、8月にCMがYouTubeで公開され、テレビ放送が開始されるとLose Yourselfに似ているとメディアで指摘されることになる。その結果、楽曲の著作権の50%と残りの50%の独占使用権を持つエミネムの音楽出版会社Eight Mile Styleが国民党に申し入れを行い、国民党側はEminem Esqueの使用を中止することになる。

すべて読む | YROセクション | YRO | 法廷 | 政治 | 著作権 | 音楽 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Spotify、人気プレイリストに偽アーティストの作品を入れているとの指摘に反論 2017年07月15日
FBI局長の事情聴取を求めるキム・ドットコム氏、ニュージーランドで訴状を提出 2017年04月29日
ニュージーランド高等法院、キム・ドットコム氏らの米国への身柄引渡しが認められると判断 2017年02月24日
Led ZeppelinのStairway to Heavenが著作権を侵害したと主張する裁判、陪審団は似ていないと判断 2016年06月26日
Warner/Chapell、長年にわたって徴収してきた「Happy Birthday to You」の使用料を返金するため、1,400万ドルの資金を準備 2016年02月13日
米調査、最新ヒット曲を聴かなくなるのは30代半ば 2015年05月20日
「Blurred Lines」に対する判決で音楽作品の作り方が変わる? 2015年03月15日
洋楽ポップは単調で、どれも同じに聞こえるという分析結果 2012年07月31日
ニュージーランド、著作権侵害に対し「疑わしきは罰する」法案を導入予定 2009年01月08日
ローブナー賞の決勝、チューリングテストをクリアしそうなロボットが出現 2008年10月15日