太陽系外から飛来した小天体を発見か

あるAnonymous Coward 曰く、

国際天文学連合小惑星センター(IAU MPC)は25日、太陽系外から飛来した可能性がある極めて高い離心率の軌道を持つ彗星の発見を発表した(MPEC 2017-U181Sky & Telescopeの記事47NEWSの記事マイナビニュースの記事)。

「C/2017 U1」という仮符号が付けられたこの彗星は、現在は近日点を超えて地球の軌道と火星の軌道の間に位置している。その軌道は離心率1.19~1.2の双曲線軌道となっており、こと座のベガの方角から飛来した可能性が高いとみられている。太陽系外からの彗星は過去確認されておらず、これが史上初のようだ。

リンク先記事にも記載されているが、2017 U1は彗星ではないことが判明している。そのため、仮符号のプリフィックスが彗星以外の小天体を示す「A/」に変更され、「A/2017 U1」として観測続けられている。MPCは当初の発表時、A/2017 U1が双曲線軌道を進んでいるとしか考えられないとしつつ、弧のごく一部しか観測できていない段階で全体の軌道を計算するのはあまり意味がないとして、さらなる観測が必要との見解を示していた。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
天文写真から人海戦術で第9惑星を探すプロジェクトが始まる 2017年02月26日
無人探査機「ロゼッタ」、最後のミッションとして彗星に衝突 2016年10月05日
行方不明の彗星探査機「フィラエ」、岩の間に挟まっているのが見つかる 2016年09月08日
フレディ・マーキュリー、小惑星になる 2016年09月07日
新たな地球近傍小惑星「2016 HO3」が発見される 2016年06月20日
NASA、地球周辺に72の地球近傍天体を発見。うち8個は接近の可能性も 2016年04月12日
「太陽系から最も近い太陽系外惑星」、実際には存在していなかった 2015年11月10日
酸素分子を大量に持つ彗星や大量のアルコールを放出する彗星が見つかる 2015年10月31日
ラブジョイ彗星(C/2014 Q2)、1月7日に最接近 2015年01月07日
西暦773年に地球に未知の物体が飛来していた? 2014年02月04日