自然界の4基本定数が更新される

ボルツマン定数プランク定数電気素量アボガドロ定数の4基本定数が更新される(米国立標準技術研究所(NIST)PC Watch)。また、これらを元にSI単位系が更新される方針で、これが承認されれば秒やメートル、キログラム、ケルビン、アンペア、カンデラ、モルといった単位の定義もこれら基本定数を元にしたものに更新されることになる。

なお、プランク定数の決定には産業技術総合研究所(産総研)が貢献している(産総研の発表)。産総研は高精度のレーザー干渉計と表面分析システムを使い、プランク定数を世界最高レベルの精度で測定したとのこと。この結果に基づいてプランク定数の値が決定された。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
2018年にキログラムの新たな定義が採択される可能性が強まる 2017年07月12日
人工物によって定義される最後のSI基本単位「キログラム」の再定義、2018年予定 2015年10月20日
1キログラムの基準、120年ぶりに見直しへ 2011年10月17日
揺らぐキログラムの定義。異なる実験結果を平均すればいい ? 2011年02月02日
世界で「最も丸い」シリコン球体を作って1kgを定義する試み 2008年07月03日