スポーツ遺伝子の操作が全面禁止に。課題は摘発方法

「カッコウの卵は誰のもの」が現実となる昨今、WADAがスポーツ遺伝子操作の全面禁止に乗り出しました。でも摘発方法はまだ見つかっていないそうです。