スバルも無資格検査を行っていたことが発覚、約30年に渡って行われていた可能性

先日日産が新車出荷前の検査をその資格がない従業員に行わせていたことが発覚したが(過去記事)、同様の行為をスバルも行っていたことが分かった(朝日新聞時事通信日経新聞)。

無資格者の検査が発覚したのは群馬県内の同社工場。資格を得るための研修中の従業員に検査を行わせていたというもので、約30年に渡ってこの行為が行われていた可能性があるという。

すべて読む | 日本 | ビジネス | 交通 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
日産、完成検査での不正発覚後も不正が続いていたとして国内向け車両生産を一時停止 2017年10月20日
日産の無資格者による出荷前検査問題、発覚後も無資格者による検査が続いていた 2017年10月18日
日産の工場における無資格者による完成検査が行われていた問題、書類偽装も発覚 2017年10月04日
日産自動車、無資格の従業員が完成検査を行っていた問題で約121万台をリコールへ 2017年10月03日