Firefox 57は「Firefox Quantum」に

headless曰く、

Mozillaは26日、11月に安定版リリース予定のFirefox 57を「Firefox Quantum」と呼ぶことを発表した(The Mozilla BlogVentureBeatRegisterArs Technica)。

Mozillaでは昨年10月に次世代Webエンジン「Project Quantum」を発表し、その成果を徐々にFirefoxへ取り入れてきた。Firefox 57ではProject Quantumの多くの要素が含まれており、バージョン番号の増加だけでは表せないほどの変更が行われていることからFirefox Quantumと呼ぶことにしたそうだ。Firefox Quantumは大幅な高速化を実現しており、ブラウザーベンチマークSpeedometer 2.0ではFirefox 52の2倍程度の速度が出るという。

26日に公開されたベータ版/Developer EditionのFirefox Quantumでは、Photonプロジェクトによる新デザインのユーザーインターフェイスに変更され、デフォルトでダークテーマが選択されている。新デザインは4月に公開されていたモックアップとほぼ同じで、アドレス/検索バー(Awesome bar)が中央寄りに移動し、ナビゲーション関連のボタンは独立して左端に表示される。

Awesome bar内にはブックマークボタンが移動しているほか、表示中のページに対する機能をまとめた「…」メニューなども追加されている。メニューからはスクリーンショット撮影機能を呼び出すこともできる。なお、検索ボックスはデフォルトで非表示になっているが、ツールバーのカスタマイズで追加可能だ。

すべて読む | ITセクション | Firefox | デベロッパー | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Firefox 56ではWebページのスクリーンショット撮影機能が利用可能に 2017年09月18日
11年前にLinux版のFirefox 2で報告されたバグ、Firefox 57で修正へ 2017年09月09日
Mozilla、Firefoxの使用状況データを匿名化してオプトアウト方式で収集する実験を計画 2017年08月26日
Windows版Firefox 57、日本語のデフォルトフォントが変更に 2017年08月26日
Firefox 53リリース、Auroraチャンネルは更新を停止 2017年04月22日
Mozilla、Firefox 57への搭載を目標に新デザインのユーザーインターフェイスを開発中 2017年04月08日
Mozilla、次世代Webエンジン「Project Quantum」を発表 2016年10月30日