AI搭載の「ラブドール」がハッキングされ人間を襲う危険性が指摘される

hylom 曰く、

以前、人工知能を搭載したラブドールが開発されているという話があったが、こうした人工知能搭載ラブドールがハッキングされ、ユーザーを襲う危険性が懸念されている(DailyStarカラパイア)。

サイバーセキュリティを専門とするオーストラリア・Deakin UniversityのNick Patterson教授によると、人間の労働者が人間のようなロボットに置き換えられる時代はすぐ来るという。それらには携帯電話やタブレット、PCのようにOSが搭載され、またこれらがインターネットに接続されることは容易に想定できる。そのときに問題となるのが、サイバー攻撃の標的となることだという。そして、「セックスロボット」の登場や、それがハッキングされる可能性も十分に考えられるという。

リアルな人間のような動きが可能なロボットがもし実現したとすると、それらは人間に危害を加える能力を十分に備えている。セックスロボットのユーザーは無防備な状態でロボットと対面する可能性が高いと思われ、そのような状態でロボットがハッカーの制御下になった場合、危険性は高い。

すべて読む | セキュリティセクション | セキュリティ | ロボット | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
AIは人類に代わりに地球の支配者になるのか? 2017年08月18日
ロボット3原則ならぬ「AI開発 23原則」 2017年02月14日
コンピュータが肩代わりできる仕事は単純作業だけではない 2016年01月18日
人工知能を搭載したラブドール開発中 2015年06月19日
世界初? 米国でセックスロボット「Roxxxy」が発表される 2010年01月12日