画像処理によって画質を向上させるというチップ内蔵HDMIケーブル

あるAnonymous Coward 曰く、

HDMIケーブル内に画像処理を行うチップを内蔵することで、映像の品質を向上できるという製品が発売されているそうだ(AUTOMATON)。

このケーブルは「mCable」という名称で、「Cinema Edition」と「Gaming Edition」の2製品がある。価格はともに119ドルから。

「Cinema Edition」のほうは480p/720p映像をFull HDに、Full HD映像を4Kにアップコンバートする機能を内蔵。また、「Game Edition」のほうはアンチエイリアシング処理と適切な解像度変換処理を行う機能を内蔵しているという。

すべて読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
USB Type-CポートとHDMIポートを直接接続可能にする「HDMI Alt Mode」発表 2016年09月09日
パナソニック、音質にもこだわったHDMIケーブルを発売 2012年10月24日
HDMIケーブルのブランドは気にすべきではない 2011年05月17日