タコは小さな「街」を造り集団で社会的に暮らす

2009年、複数人によるダイバーのグループが、廃棄金属で造られたタコの「街」を発見しました。「街」では複数匹のタコが一緒に暮らしており、発見したダイバーたちは、このタコの巣を「オクタポリス」と名付けました。オクタポリスが発見された当時、科学者たちは人間が環境を汚染することでできてしまった副産物のようなものだと信じていました。しかし、2016年になって別のタコが群れで暮らす「街」が見つかり、そこには金属などの廃棄物が存在しておらず、タコがグループで街を造って生息するという新しい発見となっています。

続きを読む...