アステル東京を展開していたYOZAN、破産手続きを開始

ymasa 曰く、

PSH事業「アステル東京」などを行っていたYOZANが破産手続きを開始した(帝国データバンク日経新聞)。

アステル東京は2006年までにPHSサービスを終了しており、その後はWiMAXによる無線インターネット網を手右京するとしていたが、このWiMAX事業も2008年までに終了していた。PHSで使用していた基地局はWiMAX向けに転用するともされていたが、現在では撤去費用が拠出できず多数の基地局が放置されている状態のようだ。

すべて読む | モバイルセクション | ビジネス | 携帯通信 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
D-FAX、登録料金徴収へ 2007年02月03日
京都に救急医療用WiMAX網を整備する計画 2006年04月18日
livedoor Wirelssの基地局展開、一時保留へ 2006年03月16日
YOZANのWIMAX公衆LANサービス、12月25日に開始 2005年11月04日
2005年11月30日、アステル東京のPHS音声サービス終了 2005年09月22日
YOZAN、定額制WiMAX無線通信サービスの実験を予定 2005年02月15日