Twitter、日本語/中国語/韓国語以外で文字数制限を緩和

backyarD 曰く、

Twitterの公式ブログで、日本語、中国語、韓国語以外の言語における投稿文字数制限を従来の140文字から280文字に緩和する実験を行うとのこと(Twitter公式ブログEngadget Japanese)。

言語特性や過去の投稿/文字数を調査したうえでの決定のようですが、やはり古参ユーザーの意見や見解を気にされているような文面。はたして結果はどうなるか、また、対象外となった3国のユーザーがどういう反応や意見を示すか、気になるところです。

なお、システム上では日本語でも280文字までの投稿がサポートされているようで、ブラウザ上でTwitterのWeb UIのコード等を書き換えることで140文字を超える投稿が行えるようだ。

すべて読む | ITセクション | Twitter | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Twitter、攻撃的な投稿を続けるトランプ大統領をブロックしない理由を問われる 2017年09月27日
Twitter、今年前半だけでテロ関連アカウント約30万件を削除したと報告。うち75%は投稿前 2017年09月22日
Twitterが10月より利用規約を変更 2017年09月04日