SETIの天文学者が考える、地球以外に微生物が存在する可能性のある太陽系の天体7つとは?

headless曰く、

太陽系で地球以外に微生物が存在する可能性のある7つの天体について、SETI Instituteの上級天文学者、Seth Shostak氏がFuturismに語っている(FuturismNeowin)。

Shostak氏が明らかな候補地として最初に挙げたのは、地下に液体の水が存在する可能性が指摘される火星だ。次に木星の衛星3つ、内部に海が広がると考えられているエウロパ、太陽系最大の衛星で氷の下に地球上の水よりも多くの塩水があると考えられているガニメデ海と大気のあるカリストを挙げる。

土星探査機カッシーニのミッションでさまざまな情報を得ることができた土星の衛星2つも有力な候補地だという。タイタンは地表にメタンの海が広がりエンケラドスは地下の海から間欠泉が噴き出す。エンケラドスには着陸する必要すらなく、間欠泉の噴出物を採取して地球に持ち帰って調べれば微生物が発見できる可能性があるとのこと。さらに7つ目の天体としては、地下に液体の水が存在する可能性がある冥王星を挙げている。

Shostak氏によれば、水に限らず何らかの液体が存在すればどこでも微生物が存在する可能性があるとのこと。いつになったら地球外知的生命体を見つけることができるかというFuturismの質問に対しては、今後20年の間に実現するだろうと答えたそうだ。

すべて読む | サイエンスセクション | サイエンス | 宇宙 | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
土星探査機カッシーニ、20年にわたるミッションを終了 2017年09月17日
呼吸もしない「常識外れの微生物」が発見される 2017年07月28日
火星の土壌は微生物にとって有害? 2017年07月14日
土星の衛星「エンケラドス」で水素が観測される 2017年04月16日
冥王星のハート模様の地下には氷の海? 2016年11月25日
NASA、木星の衛星エウロパで間欠泉を観測したと発表 2016年09月28日
NASA、火星における水の存在を示す新たな証拠を発見したと発表 2015年09月29日
土星探査機カッシーニ、衛星エンケラドゥスの「噴水」に突入予定 2008年10月09日
タイタンに液体の湖 2007年01月04日