英Imagination Technologies、中国政府関連ファンドに買収される

英Imagination Technologiesが中国政府系のファンドCanyon Bridgeに買収されることが決まったようだ(iPhone Mania日経テクノロジーオンライン)。

Imagination TechnologiesはPowerVRやMIPSのライセンス供与を手がけていることで知られる。同社はAppleにもGPU技術を提供していたが、Appleは今年4月に独自GPUの導入を発表、これによってImagination Technologiesは身売りをする方針を固めていた。同社は先にMIPS事業を売却する方針を示しており(過去記事)、Canyon Bridgeが買収するのはそれ以外の事業になるという。これには米トランプ大統領の意向が働いているという。

すべて読む | アップルセクション | ビジネス | ハードウェア | アップル | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Apple、GPUライセンス契約打ち切りに関するImaginationの主張に反論 2017年07月13日
AppleにGPUを供給していたImagination、Appleとの契約打ち切りで全社売却へ 2017年06月27日
Imagination、MIPSを売却へ 2017年05月09日
Apple、iOSデバイスのGPUも独自開発へ 2017年04月05日