脊椎動物の基本構造が5億年以上変化しなかった理由 - 東大が明らかに | マイナビニュース

脊椎動物の基本構造が5億年以上変化しなかった理由 - 東大が明らかに | マイナビニュース

脊椎動物の基本構造が5億年以上変化しなかった理由 - 東大が明らかに | マイナビニュース

東京大学(東大)は9月26日、脊椎動物の基本構造が5億年以上の進化を通して変化しなかった要因として、遺伝子の使い回しから生じる制約が寄与している可能性が高いことを大規模遺伝子発現データ解析から明らかにしたと発表した。 同成果は、東京大学大学院理学系研究科の入江直樹准教授らの研究グループによるもので、9月26日付の英国科学誌「Nature Ecology & Evolution」に掲載された。 脊椎...

はてなブックマーク - 脊椎動物の基本構造が5億年以上変化しなかった理由 - 東大が明らかに | マイナビニュース はてなブックマークに追加