東大、ループ構造を持つ光回路を使った光量子コンピュータ方式を考案したと発表

東京大学が9月22日、「究極の大規模光量子コンピュータ実現法を発明」と発表している。この方式を利用することで、大規模な量子計算を実行できるという(マイナビニュース)。

この手法はループ構造を持つ光回路を用いることが特徴で、1つの量子テレポーテーション回路を繰り返し使って大規模計算を実行できるという。従来手法は扱える量子ビット数を増やすには光回路を増やす必要があったが、この手法ではループを使って光回路を再利用することで、回路を増やすこと無しに量子ビット数を増やすことができ、理論上は大量の量子ビットを扱えるという。

ただし、現時点では理論段階であり、実際に動作するハードウェア開発については今後の課題のようだ。

すべて読む | サイエンスセクション | テクノロジー | サイエンス | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
文科省が量子コンピュータ開発に10年間で300億円を投じると報じられる 2017年08月17日
NTT、「マクスウェルの悪魔」を利用した発電に成功したと発表 2017年05月19日
IBM、汎用量子コンピュータサービスを目指す「IBM Q」を発表 2017年03月08日
D-Waveが量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」の提供を開始 2017年01月27日