東京大学ら、「ワイル磁性体」を初めて発見 – EE Times Japan

東京大学ら、「ワイル磁性体」を初めて発見 - EE Times Japan

東京大学ら、「ワイル磁性体」を初めて発見 - EE Times Japan

東京大学物性研究所の黒田健太助教らによる研究グループは、反強磁性体マンガン化合物の内部で、「磁気ワイル粒子」を世界で初めて発見した。 外部磁場による制御で磁気ワイル粒子を自在に操作 東京大学物性研究所の黒田健太助教や冨田崇弘研究員、近藤猛准教授、中辻知教授を中心とする研究グループは2017年9月、理化学研究所創発物性科学研究センターの有田亮太郎チームリーダーらの協力を得て、反強磁性体マンガン化合物...

はてなブックマーク - 東京大学ら、「ワイル磁性体」を初めて発見 - EE Times Japan はてなブックマークに追加