Windows 10に移行できないPCが分かる統合監視ソフト、レイクサイドが国内提供(ニュース)

 PCやサーバーの統合監視ソフトを手掛ける米レイクサイド ソフトウェアは2017年9月27日、日本法人を設立したと発表した。数万超のPCの利用状況を1000以上の指標で監視・分析可能な「SysTrack」を同日から国内提供する。クライアント管理ソフトが未導入の官公庁や企業、数万超のPC監視が必要な大企業などの採用を見込む。