Twitter、文字数制限を倍の280文字にするテストを実施。ただし日本語は対象外

画像や引用URL、返信時の@ユーザー名を含めないなど、140文字制限の緩和を進めるTwitterが、今度はツイートできる文字数を280文字に拡大すると発表しました。ただし、日本語、中国語、韓国語のツイートはこれに含まれません。また、現在は一部のユーザーでテスト的に実施している段階です。 これで巻き込みリプライも減少? Twitterが「本文に返信先を含めない」仕様導入、複数返信でも140文字使用可能に Twitter、140文字制限の緩和策導入開始。画像や動画リンク、投票などが対象、5月に発表済みの仕様変更 この背景には以前から話題になることが多い、140文字に含める情報量の違いがあります。 Twitterの調査によると、日本語のツイートでは140文字まで使われるのは全体の0.4%なのに対し、英語では9%に達しているとのこと。また、もっとも多い文字数は日本語では15文字、英語では34文字という結果になっています。 このことから、英語でツイートするユーザーにとって140文字の制限がフラストレーションを引き起こしている一方で、日本語ユーザーには影響していないと判断したとのことです。また、同じ140文字でも文字数に余裕がある言語ほどツイート数が増える傾向があることもわかったとしています。 ▲同じ内容を英語、スペイン語、日本語で表現したもの 冒頭に書いた通り、文字数拡大は一部ユーザーを対象にテストを実施している段階。テスト結果とユーザーからのフードバックをもとに、本格的な実施を検討するとしています。 昨年には、文字数を1万文字に増やすとの話しも出ていましたが、それよりもはるかに控えめな変更ではあります。また、日本のユーザーにとっては実質的には影響がありません。 テレビ番組などと連動し、超短文がツイートとされることも多い日本のTwitter事情と英語圏のそれを単純に比較するのは難しいと思いますが、その辺りが加味されているのかは気になるところです。 なお、文字数が増えたとしても、簡潔さがTwitterの信条だという考えに変りはないとも強調しています。