Twitter、攻撃的な投稿を続けるトランプ大統領をブロックしない理由を問われる

あるAnonymous Coward 曰く、

日本ではさまざまなTwitterユーザーのアカウントが凍結され問題となっている。Twitterルールでは、「攻撃的な行為」を行っているアカウントや関連アカウントについてロックや永久凍結の可能性があるとしているが、一方で米トランプ大統領は攻撃的な投稿を繰り返しているにも関わらず、アカウントがロック・凍結される気配はない(TwitterのCEOですら一時的にロックされたにも関わらず)。これに対し、Twitter社になぜトランプ大統領のアカウント凍結や攻撃的投稿の削除が行われないのかという質問が相次いでいるという(CNET JapanITmediaCNN)。

これに対しTwitterはアカウントのロックについて「そのツイートにニュース性があり、公共の利益に値するかどうか」というポリシーがあることを示し、トランプ大統領がロックされない理由を述べている。また、「全アカウントに対して同じルールを適用する」とも述べているとのこと。

すべて読む | ITセクション | Twitter | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
トランプ大統領のTwitterへの投稿を制限するためにTwitter社の買収を目指すプロジェクト 2017年08月29日
トランプ米大統領、トランスジェンダーの軍入隊禁止を表明 2017年08月01日
トランプ大統領のTwitterアカウントによる批判ユーザーブロックは憲法違反? 2017年06月09日
Twitter CEO、米大統領がどんな発言をしてもアカウントを停止するつもりはない 2017年05月03日