Microsoft、量子コンピュータ向けプログラミング言語のプレビュー版を年内公開予定

Microsoftが量子コンピュータ向けプログラミング言語を開発しており、年内にプレビュー版の公開を予定していると発表した(ITmeiaZDNet JapanMicrosoftの量子コンピュータに関するブログ記事)。

この言語はVisutal Studio上で利用でき、量子コンピュータの知識がなくとも利用でき、また量子シミュレータでのテストが行えるという。Microsoftの量子コンピューティングに関する取り組みについては特設ページで公開されている。

すべて読む | デベロッパーセクション | テクノロジー | マイクロソフト | プログラミング | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
文科省が量子コンピュータ開発に10年間で300億円を投じると報じられる 2017年08月17日
IBM、汎用量子コンピュータサービスを目指す「IBM Q」を発表 2017年03月08日
D-Waveが量子コンピュータ「D-Wave 2000Q」の提供を開始 2017年01月27日
Google、Chrome Canaryでポスト量子暗号を実験 2016年07月16日
IBM、量子コンピューティングをクラウドで提供するサービスを開始 2016年05月06日