ロンドン当局、Uberの営業免許を更新しない方針へ

世界各国で当局や地元団体などとのトラブルを起こしているUberだが、英ロンドン交通局はこのたび、Uberに対するタクシー営業免許を更新しないと発表した(日経新聞読売新聞)。

乗客の安全対策や交通事故時の対応に不備があるとの判断。Uberについては、イタリアの裁判所がイタリア全土での営業停止を命じたほか、オーストラリアで非認定タクシードライバーによる配車を提供してトラブルになったり、米カンザス州では配車サービス事業者に対する事前審査が義務付けられたために撤退する、といった事件が起きている。日本でも、福岡市で配車実験を行い国土交通省からの指導を受けるといったトラブルを起こしていた。

すべて読む | ITセクション | ビジネス | 英国 | インターネット | IT | この記事をTwitterでつぶやく この記事をFacebookで共有 この記事をGoogle Plusで共有 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:
Uber、配車サービス利用後に乗客を追跡する機能を廃止へ 2017年09月06日
タクシー配車サービスを手がけるUber、距離以外の要因も考慮して請求する料金を変えるシステムを導入 2017年06月19日
Uber、イタリア全土で営業停止に。既存タクシーに対し不公平な競争を仕掛けているとの判断 2017年04月13日
配車サービスを行う米Uber、新法案によりカンザス州から撤退させられる 2015年05月11日
米Uberが福岡市で行っていた配車実験、国交省から中止するよう指導を受ける 2015年03月05日
タクシー配車サービス「Uber」、豪州で業界団体に認定されていないドライバーによる配車を行って問題になる 2014年05月09日