ある日突然歩くことも話すことも困難になるが「怠け」と誤解されやすい「慢性疲労症候群」のドキュメンタリー「Unrest」

長期にわたる疲労感と共に微熱・筋力低下・思考力の低下・睡眠障害といった症状を呈する「慢性疲労症候群」は慢性疲労と名前が似ているため軽視されがちですが、実際には歩くことも話すことも困難になる重篤な病です。「私は死んでしまったのに、世界が動き続けるのを見つづけなければならないように感じていた」と語るJennifer Breaさんも患者の1人ですが、「慢性疲労症候群を人々に理解してもらうには、視覚的なイメージが必要である」と気づいたことからドキュメンタリー「Unrest」を制作しており、その予告編を見るだけでも、この疾患がどれほど人の人生を破壊するのかが分かります。

続きを読む...