解散権の肥大化、見通せず 小選挙区推進した学者の悔恨:朝日新聞デジタル

解散権の肥大化、見通せず 小選挙区推進した学者の悔恨:朝日新聞デジタル

解散権の肥大化、見通せず 小選挙区推進した学者の悔恨:朝日新聞デジタル

衆院解散が表明され、1990年代の政治改革で導入された小選挙区比例代表並立制のもとで8回目となる総選挙が近づいた。改革を推進した代表的な政治学者が元東京大学総長の佐々木毅さん(75)だ。当時思いが至らなかったのは「首相の解散権」の問題だったと最近語っている。何が想定外だったのか。 佐々木さんは2月27日付の朝日新聞で、「当時全然気づかなくて、後で大きくなった問題が、首相の解散権だ」と述懐している。...

はてなブックマーク - 解散権の肥大化、見通せず 小選挙区推進した学者の悔恨:朝日新聞デジタル はてなブックマークに追加