インテル、独立型VRヘッドセット「Project Alloy」計画を中止。VRへの投資は継続

インテルが、2016年8月に発表していたスタンドアロン型のAR/VRヘッドマウントディスプレイ「Project Alloy」の計画を断念しました。当初の予定では2017年第4四半期にリファレンスモデルを発売する予定でしたが、この夏の段階で計画の中止を決めたとのことです。 インテル、全部入りVRヘッドセットProject Alloy発表。RealSenseで外部センサやコントローラ不要の「融合現実」端末、来年オープン化 VR関連のニュースサイトRoadtoVRによると、計画中止の理由はヘッドセットの開発パートナーの関心を得られなかったためとのことです。なぜパートナーの興味を惹かなかったのかについて、具体的なことは不明ですが、すでにASUSやAcer、Dellなどのパートナー企業がMicrosoftのMRヘッドセット開発にリソースを割いており、支持を得にくい状態であることが理由の1つかもしれません。 また、インテルのVR研究拠点「Virtual Reality Center of Excellence」ディレクター Kim Pallister氏はPC Worldとのインタビューの中で、スタンドアロンのヘッドセットは必ずしも最適なフォームファクターではなく、PCと接続して使う機器のパフォーマンスには及ばないことに気が付いたとも語っています。 なお、インテルはProject Alloyの計画は破棄しましたが、そこで学んだことは今後の取り組みに反映されるだろうとし、ワイヤレスVRヘッドセットを実現するためのWiGigをはじめとするVR関連技術への投資は引き続き投資を行うとしています。 インテル、2017年内にWiGig対応製品の出荷を終了。60GHz帯はワイヤレスVRに集中へ インテルは360度VR動画のReplay Technologiesを買収も行っています。今後は、VRプラットフォームよりも、VRコンテンツや関連技術の開発に注力する考えのようです。