「パスワードの定期変更は正しくない」――考案者が自ら過去の過ちを認める発言